読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

【自閉症児育児】涙の初登園!泣きつかれてぐったりしているのを見るのが辛い

ハルの笑顔はヒマワリの花~に来ていただきありがとうございます。

ハルママです。

 

ブログの説明はこちらから↓

  

 

 2010年4月14日(水)

本来なら、新入園児は、入園後1週間は、通園バスには乗らずに保護者が送迎をすることになっているのですが、当時私は運転免許を持っていなかったので、通園バスに乗せてもらいました。

 通園バスに乗せるときは、地獄絵図のようでした。

大泣き、大暴れ。

そんなハルの姿を見て、「行かなくてもいいよ、帰ろうか」と言いたくなりましたが、グッと堪えて、バスに乗せました。

 家に帰っても、

まだ泣いてるのではないか?

ちゃんとごはんは食べているかな?

と考えると、何も手につきませんでした。

家の中をひたすらウロウロして、落ち着かない時間を過ごしました。

夫が帰ってきて、降園時間に合わせてお迎えに。

園の玄関から出てきたハルは、私がいることに驚いているようでした。

帰りの車の中ではウトウトしていましたが、眠ることはなく家に到着。

家に入るなり、リビングで横になっていました。

まさに、「ぐったり」という言葉がピッタリでした。

声を掛けても動かない。

寝てはいないけど、とにかく一点を見つめてぼんやりしている感じ。

 本当にその姿を見ているのも辛かったです。

「明日はお休みする?」

 

と言ってあげたくなるくらいでした。

 

 療育園の連絡ノート

ハルの通っていた療育園では、毎日ノートを書かなくてはいけませんでした。

日記のようなものです。

起床就寝の時間、食事の内容、家からの連絡などを毎日書きます。

 もちろん、休日もです。

当時は、面倒だな・・・と思っていましたが、こうやって5年前のことを振り返ることができるのは、ノートのお陰です。

このノートを見て、園で気持ちが崩れた時の参考にもなるようです。

「昨日、あまり眠れていないから、機嫌が悪いのかな」

など、家での様子も考慮して、保育をしてくださいました。

ノートには、園の様子も書いてくださいます。

お話が出来る子は、自分でお話してくれるのですが、言葉が出ていないハルはこのノートに書いてくれる先生からのコメントが楽しみでした。

  

 初登園の園での様子

園庭では、保育士の押す三輪車にまたがったり、砂場で遊びました。

シャボン玉を始めると、不思議そうに見ていました。

風が強く、次々飛んでいくので面白かったのかな?

お昼寝前、寂しくて泣きました。

  

f:id:harukunmama:20160106103457j:plain

バスに乗るときに大泣きしていたけど、泣き止んだことに安心しました。

寂しかっただろうけど、頑張って過ごしたのでしょうね。

馴れるのにどれだけ時間がかかるかは想像もつきませんでした。

でも、ゆっくりと見守っていこうと思いました。