自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

療育園でのお散歩~今日は雨降り散歩~【自閉症児保育】

ハルの笑顔はヒマワリの花 に来ていただきありがとうございます。

 ハルママです。

 


 2010年5月19日(水)親子保育

 

 連絡ノートによると、この日は、雨。

f:id:harukunmama:20160123152644j:plain

親子保育でお散歩に行きました。

雨なのにお散歩?と思った方もいらっしゃるでしょう。

 ハルが通っていた療育園では、晴れた日のお散歩だけでなく、雨降り散歩もします。

 もちろん小雨の時です。

 子ども達はレインコートを着て、長靴を履いて出かけます。

 雨の日にお散歩をしたことはありますか?

 お散歩するのが日課で、雨の日だろうが関係なくお散歩をしなくては許してくれないお子さんもいるかもしれませんね。

 私は雨の日にお散歩はしたことがなかったので、良い経験だなと思っていました。

 ハルは、レインコートを着るのが初めてでしたが、意外と嫌がらず着てくれました。

 黄色いアンパンマンの絵が入った少し大きめの レインコート。

 3歳児さんに混じって、1人だけの2歳児さん。

 一番小柄なわけではなかったけど、やっぱりまだまだ小さい背中。

 

 それでも、歩く姿はお兄ちゃん、お姉ちゃん達には負けていませんでした。

長男の通っていた幼稚園では、雨降り散歩どころか、園外にお散歩することはありませんでした。

交通量も多い地域なので仕方ないですし、長男となら幼稚園から帰ってきてからお散歩でも公園にでも遊びに行けました。

 「タンポポが咲いてるね」「川に魚がいるね」と穏やかにお散歩ができました。

 だから、幼稚園でのお散歩は必要性を感じていませんでした。

 しかし、ハルの場合とのお散歩は楽しむことはできませんでした。

 手を離すことはできないし、ハルが行きたい場所に付き合っていると(私を引っ張っていきます)、延々と歩き続けるので家に帰ることはできないし、

 無理に帰ろうとすると、泣き暴れるし・・・。

 正直、苦痛以外の何物でもありませんでした。

療育園でのお散歩も、初めは手を繋いで歩くことが多かったです。

 それでも、家の近所で二人だけでお散歩している時よりは気分が楽でした。

 環境的に交通量も少ないので、もし手を振りほどかれても交通事故に遭うことはないでしょうから。 

あとは、自分と同じように悩みを抱えるお母さん達と一緒だから、 ルが暴れていようが、泣いていようが、周りの目を気にすることはないからだと思います。

 みなさんは、周りにお子さんの障がいを理解してくださる方はいらっしゃいますか。

 本当に仲間って大切ですよね。