読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

【おすすめ絵本】ぞうくんのおおかぜさんぽ【自閉症児育児】

おすすめ絵本

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。
ハルママです。

  今日は、絵本のご紹介です。

以前、『ぞうくんのさんぽ』をご紹介させていただきましたが・・・  

 

 「ぞうくんのさんぽ」の次は、「ぞうくんのあめふりさんぽ」

 

ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも傑作集)

ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも傑作集)

 

 そして、次は何が来るのかと思ったら・・・

 

ぞうくんのおおかぜさんぽ (こどものとも絵本)

ぞうくんのおおかぜさんぽ (こどものとも絵本)

 

 

 ぞうくんは、おおかぜの中でもお散歩をします。

 ところが、お友達のかばくん、わにくん、かめくん達は風が強くてぞうくんの元に転がってきます。ぞうくんは、おおかぜの中でもさんぽをします。

 このシリーズのどの本も、派手ではないのですが、子どもを惹きつける魅力があるんですよね。

 登場人物の視線の方向も、しっかり考えられていて、ぞうくんがおおかぜの中、歩き始めた場面では目線は上向き。

 これだけで、おおかぜに向かって頑張っている様子が見えてきます。

  

その後も、かばくん、わにくん、かめくん達とお話する時は、ちゃんと目が合っています。

 そして、「おっとっとっと・・・」とバランスを崩しそうになる時の視線や

みんなで「ごろん」と転がった時の表情も表現されています。

 ダイナミックに「ごろん」と転ぶ様子、「どっぼーん」と、

これまたダイナミックに池に落ちる場面は、子どもが大好きな場面ですよね。

 「どっぼーん」

 と、ダイナミックに読んであげてくださいね。