読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

弟が亡くなっていなければ、兄も違ったのかも【自閉症児育児】

ハルママおすすめグッズ

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

 ハルママです。

 先日、私の従妹の家に遊びに行ってきました。

 そこには、2歳8ヶ月の男の子と4月に生まれたばかりの女の子がいます。

 ハルの兄(4年生)は、2歳のお兄ちゃんと遊ぶのですが・・・

 4年生なのに、2歳児相手におもちゃを譲れない場面があり・・・

 レゴブロックで結構な大作を作っていたので、壊されたくなかったというのもあるのでしょうが・・・。

 そんな時、「ハルが今もいたら、違ったんだろうな・・・」と感じます。

 ひとりっ子生活も3年が経つので、独り占めできるのが当たり前になってるのかな・・・と感じた瞬間でした。 

 2010年7月12日(月)3歳1ヶ月の家での様子

 

 お兄ちゃんが遊んでいるおもちゃで遊びたくて、

 ずっとお兄ちゃんを追い掛け回していました。

 結局、貸してもらえず、大泣きしてしまいました。

 仲良く遊ぶ日が来たらいいな・・・。

  

 この時、ハルは3歳1ヶ月、兄は4歳10ヶ月(年中)。

 お兄ちゃんは、貸すことはできないし、ハルは貸してほしいし・・・。

 こういう光景が日常茶飯事でした。

 明らかにどちらかが悪い時は、悪い方を叱るのですが、

 この場合、「貸せない」お兄ちゃんに「ハルに貸してあげて」と言うべきなのかを悩みました。

 こうなると、どうしてもお兄ちゃんの方が我慢することが多くなりますよね。

 そうなっても可愛そうだなと思ったのです。

 

 できれば、ハルが泣き暴れないように、おもちゃを貸してあげて欲しいのが本音ですが・・・。

 普段から、ハルがいることで我慢することも多いと思うんですよね。

 お兄ちゃんに全てを我慢させるのは良くないだろうと思い、このような光景の時は、あえて何も言いませんでした。

 お兄ちゃんも成長してきたら、ハルに譲ることもできてくるだろうし、少し見守ることにしていました。

 そうすると、いつの間にか自然と譲ることができるようになっていました。

 さすがに、自分が作っているレゴブロックの家を壊されそうになると、

 お兄ちゃんは容赦なく「ハル触ったらあかん!」と言っていました。

 どうしても聞き分けの良い方を叱って、我慢させてしまいがちですが、

 「きょうだい」の気持ちも考えてあげることが大切ですよね。

 ハルがよく遊んでいたレゴ ブロック

小さい方のレゴブロックは、どうしても口に入れてしまうので、

 ハルはこちらで遊んでいました。 

レゴ デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス 10580

レゴ デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス 10580

 

 

 

 ごっこ遊びができるお子さんなら、より楽しめると思います。こちらはブロックだけではなく、動物なども入っているので、

 初めは、興味を示さなかったり、上手に組み立てられなかったりするかもしれませんが、

 周りの人が一緒に手伝ってあげたら、きっと上手にできるようになります。

ハルはよく、同じ形のブロックばかりを積み上げて、満足げに眺めていました。

そして、お兄ちゃんが作っている家に、勝手に人形を置いて怒られていました。

レゴブロックって、昔からあって、今でも人気がありますよね。

それだけ、優秀なおもちゃなんですよね。

 汚れてもためらうことなくザブザブと洗うことができますし、

 色が落ちたりもしないですよね。

 少し大きくなったら、ステップアップもできます。

 

レゴ 基本セット 赤いバケツ (ブロックはずし付き) 7616

レゴ 基本セット 赤いバケツ (ブロックはずし付き) 7616

 

  

レゴ 基本セット 青いバケツ (ブロックはずし付き) 7615

レゴ 基本セット 青いバケツ (ブロックはずし付き) 7615