読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

息子とぶどう狩りに行った思い出【自閉症児育児】

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

 ハルママです。

 お子さんは、果物は好きですか?

 療育園の園長先生に聞くと、果物が苦手な子が多いから、給食でも余ると教えてくれました。

 ハルは、メロン以外の果物は好きだったので、他のグループにまで

 果物をもらいに行っていたそうです。

 そんなハルとぶどう狩りに行きました。 

  2010年9月20日(月)3歳3ヶ月

 ぶどう狩りに行ってきました。

 ぶどうが好きなハルは、たくさん食べていましたが、途中から走り回りたくてぐずっていました。

 帰りに公園でお弁当を食べたのですが、こちらでも走り回りたくて仕方ない様子でした。

 芝生の斜面では、転がりながら降りようとするのでヒヤヒヤしました。

 帰ってきてから、お兄ちゃんが拾ってきた栗(いが栗)を見せると

 怖かったのか、触ろうとせずに逃げてしましました。

 

ハルを連れて、1度だけぶどう狩りに行ったことがあります。

  集中してぶどうの皮をむき、食べていました。

 種があれば・・・ガリガリとかんでいましたが・・・。

 ぶどうに興味をしめしてくれなかったら、がっかりするところですが、かなり夢中でぶどうを食べていたので、「連れてきてよかった~」と思っていました。

 そして、公園では、とにかく走り回っていました。

 それを追いかけるのが本当にしんどくて・・・

 「勘弁してください・・・」

 と言ってしまいそうでした。

 走り回ったり、パニックを起こすかも・・・と考えると、お出かけするのもいろいろと考えてしまいますよね。

 でも、できるだけたくさんの経験をさせてあげたいですよね。

お出かけに電車などの公共交通機関を使うときは、おとなしくしていて欲しいですよね。

ハルは、30分くらいなら私の膝の上で、周りをキョロキョロしたり窓の外を見ながら、おとなしくしてくれました。

30分以降は、お菓子が登場していました(笑)

こんんなグッズもオススメです。  

リングカード・どうぶつ

リングカード・どうぶつ

 

   

わたしのワンピース

わたしのワンピース

 

  

はらぺこあおむし+ぬいぐるみ ギフトセット ([バラエティ])