読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

大学病院ので自閉症の診断を受けて1年が経ちました【発達障害児育児】

自閉症という診断と障害受容 ハルのこだわり

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

 ハルママです。 

先日、九州産『朝摘み野菜』セット【九州ムラコレ市場】 で野菜を注文してみました。

オススメです♪

手を加えてしまうのはっもったいないので、あまり手を加えず、素材の味を楽しんでいます。

 

haru-sun.hatenablog.com  

haru-sun.hatenablog.com  

haru-sun.hatenablog.com

 

  2010年10月5日(火)3歳4ヶ月

  

当時、車の免許を持っていなかった私は、ハルとバスで大学病院まで行きました。

 駅のバス停まで自転車で行く時に、歯医者さんへ行く道と同じ道だったので、 途中から大泣きし始めました。

 違う道に入ると、泣き止みました。

 2回しか歯医者さんに行っていないのに、よく覚えていたようです。

  「この道は・・・あの嫌な場所では??」

 と思ったのかもしれませんね。

 バスでは、席に座り、じっと外を眺めていました。

だいたい25分位バスに乗るのですが、これくらいの時間だとじっと座っていてくれます。

こう書くと、「ハルくんは、おとなしい子なんだな」と思われるかもしれませんが、

  バスや電車に乗ったことをママ友や先生に話すと、めちゃくちゃ驚かれます。

それくらい、じっとしていない子なんです。

 でも、乗り物では、おとなしくしてくれるんです。

25分、バスに揺られて、大学病院に到着。

予約はしているのに、どうしてこんなに待ち時間があるの?

ってくらい大学病院とか大病院は、待ち時間が長くないですか?

待つことができない子がいるんだから、どうにかしてよ・・・

と思ってしまいます。

大学病院での待ち時間が長すぎて、だんだん嫌になってきていましたが、 身長計を見つけると、嬉しそうにしていました。 

haru-sun.hatenablog.com 

haru-sun.hatenablog.com

 でも、身長計で遊び始めてしまったので離すと、機嫌が悪くなり、身長計に行き、引き離す・・・の繰り返しでした。 

診察の内容は、療育園での様子、家での様子を聞かれました。

 療育園に入園してから、周りが訓練(理学療法作業療法・言語聴覚療法)をしているお子さんもいたので、聞いてみました。

 「訓練とかした方がいいのでしょうか・・・」

 先生は、「療育園に通うのが、ハルくんにとって、訓練と同じだから必要ないよ」

 とあっさり。

 先生は、女医さんなのですが、すごいサバサバしているんです。

「ちょっと怖い」というお母さんもいるくらい。

  でも、私ははっきり言ってくれるので、信頼していました。

結局、ハルは訓練をしませんでした。

私は、その選択は正しかったと思っています。

 私も医療従者なので、理学療法作業療法・言語聴覚療法がどのようなものかは、少しはわかっているつもりです。

 もし、大人が事故で怪我をして理学療法を受ける場合は、事故前の状態か近い状態に回復させるかですよね。

 でも、子供の訓練って、未知数だと思うんです。

 どこまで伸びるかも誰もわからないと思うんです。

それを、他人の手によって目標を決められたくないな・・・と思ったというのも、訓練を受けないと決めた理由でもあります。

療育園にも機嫌よく通っているので、

このまま様子をみましょう。

という感じで、診察は終わりました。