ハルの笑顔はヒマワリの花

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

息子ハルの5年間の様子を紹介しています
気になるカテゴリーの画像をクリックしてくださいね

もしハルが生きていたらお兄ちゃんとどうやって遊んでいたかな?

2010年11月24日(水)3歳5ヶ月

 お兄ちゃんにお気に入りの動物カードをバラバラにされたのが、悔しかったのか、お兄ちゃんが大切にしているポケモンの人形が入った箱をひっくり返しに行っていました。 
泣きそうなお兄ちゃんを見て、大笑いしていました。

  

ブラックなハルの登場です。 自分が大切にしている物を壊されて、お兄ちゃんを攻撃するのではなく、 お兄ちゃんが大切にしている物を引っくり返すとは・・・

  考えたな・・・

 と思いました。  しかも、泣きそうになっているお兄ちゃんを横目に大笑い・・・。 なんてブラックなんだ・・・。

 少し前にお兄ちゃんの幼稚園の時のお友達と遊んだのですが、そのお友達の弟くんが、ハルと同い年なんです。 

お友達兄弟が、仲良く遊んでいたり、喧嘩しているのを見て、

ハルが生きていたら、こんな風になっていたのかな? いや、なかなかコミュニケーションが取れないから、こんな風にはなっていなかったかな・・・ 

と、もう二度と見ることができない息子たちの姿を思い浮かべていました。

 生きているときは、本当に大変なことがたくさんあり、毎日しんどかったのですが、 いなくなってしまうと、寂しくてしかたないです。

 ハルが亡くなってもうすぐ4年が経ちますが、忘れた日はありません。

 ハルが亡くなってからも、私が飄々と生きているように見えていたのか、姑に

ハルが亡くなって、清々してるんやろ

と言われました。

  障がいを抱えて大変な思いはしていたけど、子供を亡くして、「清々している」親など、どこにいるのでしょう。 周りにもそういう風に思っている人がいるのかもしれないと思うと、生きていくのも嫌になってくる時もありました。

 

悲しみがやさしくなるとき―子どもを亡くしたあなたへ
エリザベス メーレン
東京書籍
売り上げランキング: 182,949