読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

自閉症児のトイレトレーニングは難しい?【発達障害児育児】

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

ハルママです。

f:id:harukunmama:20160209085547j:plain

前回ハルのお兄ちゃんのトイレトレーニングの話を書きました。

今日から、ハルのトイレトレーニングについて書いていこうと思います。

まず初めに言っておきます!!

期待しないでください。

私は何もしていませんから・・・。

まず、トイレトレーニングを開始の時期の目安って、

1.歩けますか?

2。おしっこの間隔が2時間以上開いていますか?

3.言葉や動作で自分の意思を伝えることができますか?

こんなチェック項目があったりしますよね。

このようなチェック項目に沿ってやってると、コミュニケーションが取れないハルは、

いつまでもオムツをしていないといけないことになります・・・。

だから、時期なんて気にしたことはありません。

ハルがトイレトレーニングを始めたのは、1歳10ヶ月。

「早い!!」

と思いましたか?

このような親子教室って多いのか珍しいのかわかりませんが、ハルが通っていた親子教室では、基本的に保育中はオムツは履かないことになっていました。

ということで、親子教室に通い始めた1歳10ヶ月から、トイレトレーニングを始めました。

これも療育の一貫ですね。

だから、おもらしは、当たり前。

そして、2歳10カ月から通い始めた療育園は、親子教室と同じ方針なので、保育中はパンツで過ごします。

お昼寝中も、散歩中もパンツです。

だから、帰りのかばんには、大量のパンツとズボンが入っています。

先生が水洗いをしてくれるのですが、やっぱり夏は臭かったです。

 

 2010年6月19日(土

ハル3歳0カ月

私(母)がトイレに入ろうとしたら、一緒に入って来て、隅に置いているおまるを見て、オムツを半分脱ぎ出した所で座ろうとしたので、全て脱がせて座らせると、おしっこが出ました。

手を叩いて褒めてあげると、嬉しそうにしていました。

 

これが、療育園に入園してから、連絡ノートに初めて書いたトイレ関連の話でした。

やっぱり、療育園では毎日パンツで過ごしているので、何回も失敗もしているし、おしっこが出る感覚と失敗して気持ち悪かった記憶が残っているのかもしれませんね。

トイレトレーニングとは言えませんが、こんな感じで始まりました。 

haru-sun.hatenablog.com