自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

夢に出てきた亡き弟は、どんな表情をしていたか?

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

 ハルママです。
 昨日、ハルが夢に出てきたと書きました。

f:id:harukunmama:20160412133759j:plain

 その夢のことをハルのお兄ちゃんに話したら、 
僕の夢にも出てきた!!
 と言いました。 
すぐに、どんな夢かと聞いたら、
 「ハルちゃんといちごを食べてて、僕がよそ見をしてたら、ハルちゃんにいちごを取られたん。 
それで、ハルちゃんを「コラー!!」って追いかけて・・・・消えてしまった
 「そっかぁ、ハルちゃんどんな顔してた?」
  「楽しそうな顔して、 僕に追いかけられて、笑ってたで
「ハルちゃん、楽しそうでよかったね。 
きっと見守ってくれてるんやね」
 「うん」
  
 ハルが亡くなった時、お兄ちゃんは、小学1年生でした。 
自分が小学校1年生の時の記憶って、ほとんどないから、もしかしたら、お兄ちゃんもハルとの思い出も大きくなるまで覚えていないのかな・・・
 そんなことを思ったこともありました。
 でも、ハルという弟がいたことは、お兄ちゃんにとっては忘れることなんてできないはず。 
そして、ハルが亡くなった時の悲しみは、そう簡単に忘れてしまうことではないでしょう。
 現に今日も、何年も前のハルとのエピソードを昨日のことのように教えてくれました。
 目には見えないけど、ハルは、私たちの側にいる。
 そして、私たちの心の中にいます。