読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

何でも完璧にしようと思ったらしんどいから、適度に力を抜いて・・・育児もね【自閉症児育児】

トイレトレーニング

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

 ハルママです。

 ここのところトイレにまつわるエピソードばかりお送りしています。

f:id:harukunmama:20160112082747j:plain

   

 2011年1月5日(水) 

ハル3歳7カ月

 オマルから補助便座に変えてみました。

ウォシュレットのボタンを押したがるので、電源を切って対応しようと思います。

補助便座でも嫌がらず、用をたすことができています。

最近、便をしたら、自らパンツを脱ごうとするので、下に落とさないかヒヤヒヤしています。

タイミングが合ったら、トイレでもできる日も近いのではないかと思っています。

 

 

ステップアップして補助便座の登場です。

 

コンビ ベビーレーベル 補助便座 ( レーベルイエロー )

コンビ ベビーレーベル 補助便座 ( レーベルイエロー )

 オマルから補助便座になっても嫌がることがなかったので、助かりました。

 トイレを嫌がるお子さんって、障がいのあるなしに関わらずいらっしゃいますよね。

 ハルは、こういう所は、すんなりクリアしてくれるので、とても助かっていました。

 こうやって、成功していることばかり書いていますが、成功4割、失敗6割だったと思います。

 寒い時期だから、洗濯もなかなか乾かないから、お兄ちゃんのズボンを履かせることになった時もありました。

 それでも、せっかくトイレにいく習慣ができてきていたので、ちょっとだけ頑張っていました。

 頑張りすぎてもしんんどいので。 

適度に手を抜いていました。 

何でも完璧にやろうとしたら、本当にしんどいし、子どもができなかったら、イライラもしてくると思います。

 どこかで、手を抜くことも大切だと思います。 

haru-sun.hatenablog.com

haru-sun.hatenablog.com