ハルの笑顔はヒマワリの花

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

息子ハルの5年間の様子を紹介しています
気になるカテゴリーの画像をクリックしてくださいね

絵本の読み聞かせをしたいのにさせてくれない【自閉症児育児】

f:id:harukunmama:20190405084807j:plain

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡にお越しいただきありがとうございます。ハルママです。ブログの説明はこちらから→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】

 

子どもに絵本の読み聞かせをするメリット

子どもには、絵本の読み聞かせが良いって言いますよね。

絵本を読み聞かせするメリット

・コミュニケーションが深まって、親子の絆も強くなる

・集中力がつく

・想像力・知的好奇心が育つ

・語彙が増える

といった効果があると言われています。

 ハルにも読み聞かせをしてあげたかったのですが、ハルはさせてくれませんでした。

 2011年1月14日(金) 3歳7ヶ月 

ぐりとぐらを声を出しながら読んでいたので、横から読んであげたのですが、逃げられました。
材料をまぜるページの時「ぐるぐる」と言っているのがなんとなくわかりました。
あと、読み始める時は、自分で手を叩いてから読みすすめています。 

 

自閉症のハルはしゃべることができるようになるのか?

 療育園と家庭をつなぐ連絡ノートには、「声を出しながら読んでいた」

 と書いていますが・・・ ちゃんと読むことができているわけではありません。

 ハルは、この時はほとんど言葉は出ていませんでした。

ですから、「多分、読んでるんだろうな」とわかる程度の発語です。

「ぐるぐる」を「ぐーぐー」って感じで声を出していました。

先生がいつも読んでくれているので、 それを真似していたのでしょうね。絵本に興味を示さなかったことから比べたら、すごく成長しています。

 でも、私が横から読むのは、嫌みたいで、逃げられてしまいます。ちょっと寂しいかったです。

 療育園での発達相談の時、 

言葉はでますか?

 と聞いたことがあります。

 先生は、「出る」とも「出ない」とも言ってはくださいませんでしたが・・・ 

何がきっかけで出るかはわからない

 と言ってくださいました。

 以前にも書きましたが、ぞうくんのさんぽ(こどものとも絵本) の

 「どっぼーん!!」

 と言えるようになったのがきっかけで、言葉が出た子もいるそうです。

 ハルも、ぐりとぐらの「ぐるぐる」というのは、言ってる感じだったので、出るようになればいいな・・・と思っていました。

 きっと、今はいろんな言葉を貯めている時期なんだろうな・・・そういう風に思うようにしていました。