読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

たとえ障害を抱えていても、息子を亡くすのは辛すぎる。でも、歩いていかないと仕方ない【自閉症児育児】

ハルへの思い

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございす。

f:id:harukunmama:20160512102202p:plain

この写真は、10月に咲いたヒマワリです。

花の大きさは小さいですが、元気に咲いていますよね。 

ハルの笑顔はヒマワリの花というタイトルは、私がつけたものです。

  なぜ、ヒマワリかと言いますと、

 ハルが笑うと、パッと周りが明るくなるようでした。 

それが、真夏に咲く、ヒマワリのようだったからです。

 ヒマワリを見ると、なんだか元気になりませんか?

 ハルの発達は、ヒマワリのようにグングンと伸びるものではありませんでしたが、少しずつ成長してくれました。

 ほんのわずかな成長でも喜ぶことができるのは、ハルが自閉症だったから。

ハルの兄では感じることができなかった喜びを味わうことができました。

 ほんのわずかな成長での喜びもありましたが、大変でもありました。

でも、一番辛いのは、ハルを亡くしたこと。

 いくら手がかかる子でも、将来が不安で不安で仕方ない子でも、大切な我が子。

 やっぱり、生きていて欲しかった。

でも、これも私に与えられた試練なのかと思い、日々を過ごしています。(正直、こんな試練はいらないですけどね・・・)

 このブログを読んでくださっている方たちは、ご自身のお子さんが障がいを抱えている方が多いのではないでしょうか。

私は、みなさんに何を伝えることができるのか・・・

いつも、そんなことを考えています。

 

 ブログの目的

当初は、「ハルが生きた軌跡」を残しておきたいと思っていたのですが、ブログを書くにあたって、いろんな方のブログも拝見しました。

その中で気になったのが、親子教室や療育園で、発達の勉強をされていない方が多いのではないか?ということ。

ハルが通っていた親子教室、療育園(同じ系列です)では、月に1度、学習会があり、発達の勉強をしました。

発達についてを勉強することによって、ハルとどう向き合えば良いかを知ることもできました。

私が発達の勉強会で学んだことをみなさんにもお伝えできたらいいなと思っています。

しかし、当時の資料を見ても、記憶が曖昧なことろもあり、これではみなさんにお伝えなんてできないな・・・

 

だから、もう一度、発達の勉強をし直したいと思っています。

まだ、ハルの通っていた園長先生には相談していないのですが、月1回の学習会に参加させてもらえないかを相談するつもりでいます。

許可をいただけるかはわかりませんが・・・

このブログから、何か学ぶことができる事があればいいなと思っています。

私の友人が「予定は未定で決定ではない」とよく言っていた通り、実現するかはわかりませんが、努力はしてみたいと思います。

では、今後ともよろしくお願いいたします。

もし、「乳幼児期の発達について知りたい!!」

「うちの療育園では、そんな学習会がないから勉強したい!」

という方がいてくれたら嬉しいな。

よし、記事を書き終えて、「夕飯何にしようかなー」と考えていたら、ハルが大きな口を開けてカレーライスを美味しそうに食べていた姿が浮かんできました。

ということで、今日はカレーライスです。

 

  オススメの本

普段から、当たり前にやっていることが6割ほどありましたが、その中でもきちんと理解できていなかったので、勉強になりました。

例えがわかりやすく、無理なくできることで、プレッシャーを感じなくて行動にうつせるのではないかな。

そして、発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ は、障がいを抱えた子どもだけでなく健常児に対しても効果的だと思います。

「今の子供の状態がすべてだと思わないで。子供は必ず成長していくんだ」と書かれているところが印象的で、とても心が軽くなったのを覚えています。