読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

ゆっくり育つヒマワリだってしっかりとした根を張っている。それはまるで私の息子のよう【自閉症児育児】

ハルの笑顔はヒマワリの花にきていただきありがとうございます。

以前も紹介しましたが、10月中旬に咲いたヒマワリの花です。f:id:harukunmama:20160506140903p:plain

 ハルが亡くなってしばらくして、ヒマワリの種を植えました。

 毎日観察して、長男(当時小学1年)は夏休みの自由研究として提出し、市、県共に金賞をいただきました。

 2年生の時も継続研究としてヒマワリの観察をしました。 

その時に、秋(11月頃)に種を蒔くと、芽は出るのか?という観察をしました。

 結果、芽は出ました。 

ただし、芽が出るのは遅かったです。

 花も小さいながらもしっかり咲き、種も取れました。 

そして、枯れた後に根を掘り返してみると、しっかりと根を張っていました。

 それが、発達がゆっくりなハルのようでした。 

 sodatu 

きっと、ハルも見えないところで、言葉の根っこを張り巡らせていたのでしょう。

 言葉が出ないと不安になりますが、きっと、たくさんの言葉を溜めて、出す時を伺っているのではないでしょうか。 

その時を気長に待つことができれば一番良いですが、実際は、焦りますよね。

 私もそうでした。

 療育園のお友達でも、おしゃべりができる子はたくさんいたので、

 「障害を持っている子の中でも、ゆっくりな方なんだな」

  と落ち込むこともありました。

 でも、ハルはハルなんだ。

 言葉によるコミュニケーションが取れない代わりに、きっと何か秀でたものがあるはず。

 そんな風に思うようにしていました。