読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

療育園に通い始めて、だんだんお絵かきも好きになってきました【自閉症児保育】

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

今回は、療育園の様子について。

  

2011年3月3日(木)

  園より

 今日は、クレパスでお絵描きをしました。

まず水色と取って、線やぐるぐる丸を描いていました。

裏にも、よく描きました。

園一周のお散歩の時、時々走り出し、保育士が追いかけるのを期待して振り返っていました。

 

 これは、3月3日のお絵かきではなく、少し前の2月17日のものです。

 この頃は、ぐるぐる丸を描くようになっていました。

 ちなみにこちらが、入園してすぐぐらいの絵です。

 

 サインペンを一通り試し書きしたような状態で終了しています。

 もちろん、裏には書いていません。 

こんな様子だったのが、ぐるぐると丸を書くようになっただけでも、嬉しいんですよね。

↓↓↓ これまでのハルの作品集です 

haru-sun.hatenablog.com

 

 おすすめの本