読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

時間はかかるかもしれないけど、続けているときっとできる日が来る【自閉症児保育】

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

自閉症スペクトラム障害の方々の特徴は様々ありますが、

年齢に応じた模倣、ごっこ遊びができない

というのも、特徴の1つです。

ハルは、言葉は単語程度しかでていなく、コミュニケーションを取ることができるものではありませんでした。

療育園に入園した頃は、模倣やごっこ遊びもできませんでした。

それが入園して約1年経ったころにはこんな感じになっていました。

 

  2011年3月4日(金) 

ハル3歳9ヶ月

 あつまりの時、「コロコロたまご」をしたのですが、もっとしたかったようで、「おはよう」の歌を歌っている時にも「コロコロたまご」をしていました。

動きがとても可愛かったです。

 

f:id:harukunmama:20160106105327g:plain

 

療育園でも手遊びをたくさんやっているので、ハルも家でやっている時があったのですが、私が知らない手遊びだと一緒にできないので、残念でした。

 しっかり歌も歌えるお子さんなら、家でもできますよね。 

そういうことも園の先生は理解してくださっているので、親子保育の時に、最近やっている手遊びをやってくれたりしました。

 (1回じゃ覚えられないのですが・・・)

 ハル親子教室に通うまでは、手遊びはほとんど知らなかったのですが、今ではだいぶレパートリーも増えました(笑)

多分、曲が流れると、今もできるのがたくさんあると思います。 

自閉症のお子さんは、模倣が苦手であるとよく言われると思います。

 確かに、ハルもそうでした。 

親子教室に通っていた頃は、ほとんど手遊びもしませんでした。

 ただ、先生が手遊びをしてくれている様子をしっかり見ていたそうです。

 (保護者は子供の真後ろに座るから、子供がどこを見ているかはわからないので)

 そして、親子教室に通い始めて半年くらいが経ったとき、手遊びをするようになりました。 

模倣は苦手だけど、決してできないわけではないのです。

 療育園に入園してからは、時間はかかるけど、しっかりと手遊びができるようになっていました。 

継続は力なり 

ですから 諦めないでくださいね。

でも、頑張りすぎるとしんどいので、しんどい時はちょっと休憩です。

 

 おすすめの本