自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

バイバイと手を振っただけで療育園の先生は大喜びしてくれる【自閉症児保育】

自閉症の息子との5年間の軌跡~ハルの笑顔はヒマワリの花~に来ていただきありがとうございます。

ハルママです。

 言葉が出ていて、コミュニケーションをとることができると、幼稚園や保育園で何をしたのかをお話できますよね。

ハルは、言葉が出ていなかったので、その日療育園で何をしたのかは、先生が書いてくださる連絡ノートが頼りなのです。 

haru-sun.hatenablog.com

  

 2011年3月18日(金)

 園より 

久しぶりに行くお散歩コース。

 

 その前に、「ころころたまご」の手遊びをして、保育士をじっと見ながら真似っこし、

 コケコのところでは、保育士の手でハルくんの手を挟むのが楽しいようで、手を差し出してきます。

 お散歩では、電車が通ると振り向き、見送っていました。

 一昨日ですが、バスに乗ったハルくんにバイバイすると、バイバイと真似っこし、手を私の手に合わせてくれました。 

嬉しかったです!!

 お昼寝前、泣きました(20分くらい)

 他の部屋で抱っこしながら寝ました。

 

f:id:harukunmama:20160112085849j:plain

 先生がバイバイと手を振ってくれたら、ハルもバイバイと手を振ったみたいですね。

 これは珍しいことなので、先生もテンション高めにノートに書いてくれていました。

 おそらく、バスが出たあとで、 

今日は、ハルくんが手を振り返してくれた!!

 と嬉しそうに話してくれていたんだろうな・・・。

 そんな様子が目に浮かびます。 

ハルの通っていた療育園では、グループ分けはあるのですが、先生たちは、31人全員のことを把握するようにしてくれていました。 

そのため、毎日夜遅くまで残って仕事をしてくださっていました。 

用事があって、20時くらいに電話した時も、 

「もう先生達みんな帰っているかな?」 

と思いましたが、先生が出てくれました。

 大変だろうけど、いつも笑顔で子どもたちに接してくれた先生達。

 ハルも大好きでした。