読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

兄弟で楽しそうに遊んでいる姿を見るだけで癒された

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡に来ていただきありがとうございます。ハルママです。

このブログの説明はこちらから→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】

 2011年7月14日(木)

家より

園から帰宅してから、買い物へ行ったとき、

f:id:harukunmama:20160725141115p:plain

このような絵をが描かれているのを見て、前に立って真似をしていました。

お買い物をしているときにある看板の前に急に立ち止まって、同じポーズをしていました。何に惹かれたのかはわかりませんが、面白かったです。こういう日常の何気ない様子を今はスマホで撮影できますが、スマホをカバンから取り出そうとすると、やめてしまうんですよね。

 2011年7月16日(土)

f:id:harukunmama:20160725141522p:plain

家より

お兄ちゃんとコイの大きなぬいぐるみに乗って遊んでいました。お兄しゃんが楽しそうにしているのを見て、お兄ちゃんの後ろに乗りに行っていました。2人で楽しそうに笑っているのを見ていると癒されます。

人より物が好きで、人と関わろうとしなかったハル。人と関わらないからコミュニケーション能力も育ちにくい。そんなハルが、少しずつですがお兄ちゃんと遊ぶようになってきました。お兄ちゃんとハルの年の差は、1歳9ヶ月だから、お兄ちゃんもハルと上手く遊ぶことができなかったので、ハルの方から近づいてくれるのは嬉しかったようです。