自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

亡き弟は、ワニに乗って帰ってくる 兄の言葉に涙

自閉症の息子の5年間の軌跡に来ていただきありがとうございます。ハルママです。

このブログの説明はこちらから→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】

お盆ですね。我が家も12日の夕方にご先祖様をお迎えに行ってきました。お墓参りしている時、ハルのお兄ちゃんが、

「ハルちゃんは、ワニに乗って帰ってくるんやで」

と言いいました。

ワニというのは、ハルが好きだったワニのぬいぐるみ。

f:id:harukunmama:20160815074232j:image

f:id:harukunmama:20160815074308j:image

水族館に行った時に、なぜかこのワニのパペットを離さなかったので買いました。帰ってから、パペットに手を入れて口を開けたり閉めたりすると、めちゃくちゃ笑ってくれたのを昨日のことのように覚えています。

ハルが亡くなって4年が経った今では、お兄ちゃんの枕になっています。ちょっと酷い扱いを受けている感じですが、お兄ちゃん曰く、いい夢を見れるそうです。

いい夢・・・それは、大好きな弟の夢です。

 そのワニが、お盆になるとハルを乗っけて帰って来てくれるそうです。

そして、今、ハルは我が家に帰ってきています。

うん、そんな気配がする。

高いところが好きだったので、タンスの上とかに乗っているような気がする。

「ハルちゃん、そんな高いところに乗ったら危ないで!」

と言ってしまいそうになります。

ハルの写真をリビングに飾っているのですが、そこにはハルが大好きだったお菓子とワニのぬいぐるみが置かれています。このワニがハルちゃんを連れてきてくれるという発想はなかったので、お兄ちゃんの言葉を聞いて、驚いたのと同時に、涙が出そうになりました。お兄ちゃんは、いつでもハルちゃんのことを考えてくれていて、一緒に生きているんだろうな。それが、とても嬉しかったです。