自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

病院を嫌がらない子の特徴は何だろう?【自閉症児育児】


スポンサーリンク

自閉症の息子との5年間の軌跡~ハルの笑顔はヒマワリの花~に来ていただきありがとうございます。 

ハルママです。 

ハルのお兄ちゃんがお腹が痛くて、小児科に行った時のお話。 兄弟がいると、1人が体調を崩すと、もう1人も病院に連れて行かなくてはいけないので大変ですよね。  

 2011年3月18日(金)

 お兄ちゃんが腹痛のため小児科へ行きました。 

先生に聴診器をあててもらってりるのを見て、ハルもトレーナーを上げて、お腹を出して聴診してもらえるのを待っていました。 

その様子を見て、先生も笑いながら 

「元気かどうか聞いてあげよう」 

と聴診器をあててくれました。 

「元気ですね!」

と言ってもらったら、満足したようで、トレーナーをおろしていました。

  その後、お兄ちゃんは、浣腸をしてもらい、お手洗いに長い間座っていましたが、ハルは割とおとなしく待ってくれたので、助かりました。 

結局、お兄ちゃんは、便秘による腹痛だったようです。

  

このように、ハルは病院を嫌がりませんでした。

 これは本当に助かっていました。

 

 どちらかと言うと、ハルより、お兄ちゃんの方が体が弱いので、病院に行く機会が多く、ハルが行くといえば、予防接種の時くらい。

 痛い思いだけをする場所なはずなのに、嫌がらないのが不思議でした。

 先生も優しいからかもしれないですね。

 病院を嫌がるお子さんは多いと思うので、

 「こうやって乗り切ったよ!!」 

なんてアドバイスができれば良いのですが・・・

 残念・・・。 

病院は大丈夫でも、歯医者さんは苦労しました。 

歯医者さんに馴れるために、2週間に1回受診していました。

 数ヶ月通いましたが、全く馴れることができませんでした。

でも、虫歯の治療は大変なので、虫歯ができないようにしたいですよね。

私も小さい頃、虫歯だらけで詰め物をしています。

20年程経って、詰め物が取れて、歯医者さんを受診すると、詰め物の下で虫歯が進行していて大変でした。

だから、息子には虫歯にはなって欲しくないので、定期検診だけはちゃんとしていました。 

病院が苦手なお子さんにおすすめの絵本

小児科を受診した時に、嫌がらずお口を開けることができる子は、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子が多いそうです。なるほど、ハルもそれで開けれたのかな。

ということは、ひょっとすると、絵本でお口を開けている様子や、聴診器を当てている様子を見たら、嫌がらなくなるのでは??と思い、お医者さんが出てくる本を探してみました。楽しみながら読んで、病院に対する苦手意識がなくなったらいいですね。