ハルの笑顔はヒマワリの花

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

息子ハルの5年間の様子を紹介しています
気になるカテゴリーの画像をクリックしてくださいね

子どもの命を守るために

何でも口に入れてしまう子どもがいる場合、小さいものは手の届かない所に【自閉症児育児】

今日は、要注意のお話です。でも、もしかしたら「あるある」話かもしれません。 私の息子のハルは、2歳半で自閉症と診断され、療育園に通っていました。当ブログでは、ハルが通っていた療育園と家庭を繋ぐ連絡ノートに書いた内容を元に紹介しています。連絡…

危ないことが理解できない子どもが自転車に乗れるようになったら【自閉症育児】

私の息子のハルは2歳半で自閉症と診断され、2歳10ヶ月から療育園に通っていました。自閉症の子は運動神経が悪いと言われますが、ハルは身体の使い方が上手で、運動神経が良かったです。ハルは自転車に乗るのが好きでした。 家でも自転車があったのですが、道…

子どもが窓のロックを外せるようになったら補助鍵や防犯アラームで対策を!

子どもって、昨日までできなかったことが今日急にできるようになっていたりしませんか?そのため、危険なことも保護者が先回りして対策をしてあげないといけないんですよね。 ここは危険だから行ってはダメよ と注意したら聞いてくれる子どもならいいですが…

発達障害児と問題行動について~解決するには何をする?~

発達障害を抱えているお子さんをお持ちの親御さんの中には、問題行動に悩まされている方も多いともいます。 じっとしてられない こだわりが強い 自傷行為 他傷行為 パニック 他にもたくさんあると思います。 ハルは、じっとしてることができませんでしたが、…

子どもが勝手に外に出て怪我をしないために【子ども・ペットの見守り、高齢者介護、泥棒対策】

子どもは大人のやっていることをよく見ていて、窓を開けるためにクレセントをどのようにしているか?他に何を触ったらいいのか?を知らない間にチェックしています。 そして、知らない間に外に出てしまう、ということもあり得ますよね。 今日はできていなく…

子どもの命を守るのなら、手を繋ぐのではなく手首を掴む

私の息子のハルは、2歳半頃大学病院で自閉症と診断されました。この時、主治医にこう言われました。 手を繋いでいても、振り払うことができるから、手首を掴むようにして なるほど。 確かに手を繋いでいても、どうにかして振り払おうとする時がある。 でも、…

子どもの行方がわからなくなった時に、やらなくてはいけないこと【自閉症児育児】

少し前に、息子(ハルの兄)と歩いていたら、あるお母さんとお子さんに遭遇しました。そのお母さんは、えらく慌てている様子で、 すみません!!このあたりで、この子(そのお母さんが連れていたお子さん)くらいの男の子見かけませんでしたか? と聞かれま…

地震などの災害時、発達障害者(児)が避難所に入ることができるように

やはり、熊本での地震でもこのようなことになっているようです。 内容は以下です。

【福祉避難所って何?】大地震が起きて避難しなくてはいけない時、発達障がいを抱えた子は、どこに行けば良い?

ガーベラの花言葉:希望 熊本の地震で被災された方にお見舞い申し上げます。 お怪我をされた方の1日も早いご回復をお祈りいたします。 そして、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。