自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

療育園でのお絵描きと雨降り散歩【自閉症児保育】

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡にお越しいただきありがとうございます。

 当ブログの説明はこちらから→

ブログ説明 カテゴリーの記事一覧 - 

  •  療育園での様子(4歳2か月)
    • 8月25日木曜日
  • 自閉症児ハルの描画
  • 雨降り散歩
  •  雨の日に読みたい絵本

 療育園での様子(4歳2か月)

8月25日木曜日

描画をしてから雨降り散歩に行きました。最近の絵は色を試すように書くことが多かったのですが今日は小さなぐるぐるをいくつも書いていました。雨降り散歩はレインコートを着て行きました途中暑くなってきたようで脱いでしまったので傘を渡すと、両手でしっかりと持って上手にさしていました。

自閉症児ハルの描画

https://lh3.googleusercontent.com/-Q5gaLL5tCyc/Vh2xXzTLKNI/AAAAAAAAAPM/-uA_SbmQK4M/s1600/blogger-image--1495660322.jpg

ハルのお兄ちゃんが4歳くらいの時は、いろいろな話をしながら、絵を描いていました。丸の中の中に手や線を描いて顔を描いたりもしていました。しはし、ハルは言葉も出ていません。そして、絵を描くのも「形のあるもの」を描いているわけではなく、なぐり描きやグルグルと小さな丸を描いたりしていました。1歳半くらいの子がよく描くような絵です。

この時、親が焦って、形のあるものを描かせようとするのではなく自由に描かせてあげることが大事だと先生から教わりました。この時期は、自分がこの目の前の画用紙の景色を変えたんだ!と満足し、共感して欲しい時期。だから、大人は「すごいね!」「上手に描けたね!」と共感してあげると言いそうです。

続きを読む

療育園の保育士さんの人数ってどれくらいなの?【自閉症児育児】

お子さんが発達障がいを抱えていて、児童発達支援センター(当ブログでは療育園と書くことが多いです)に通うように勧められている、または春から通うことが決まっているお子さんのお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんは心配なこともあると思います。幼稚園、保育園に通うお子さんは、周りにたくさんいますが、療育園に通っている近所のお子さんを捜すのは難しいですよね。当ブログには、私の息子のハルが通っていた、たいよう園(仮)の様子も書いているので参考になさってください。初めは、わからなくて当然です。少しでもお子さんのために「勉強しようかな?」という姿勢が大切だと思います。「勉強しよう!!」と気合を入れる必要はないと思います。この先は長いですから、息切れしてしまいます。

療育園に通うにあたって、心配なことの1つに先生の人数があるのではないでしょうか。

うちの子、多動だから、先生ちゃんと見てくれるかな?

幼稚園って1クラス20人くらいいて、先生1人とかじゃない?療育園はどうなのかな?

そんなこと思ったことありませんか?

園児と先生の人数は?

ハルが療育園に通っていた頃の国が定める児童発達支援センターの人員配置は、児童指導員及び保育士(私も詳しくはわからないのでわかりやすく保育士とさせていただきます)園児:保育士=4:1でした。

続きを読む