読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

私の大切な息子は自閉症でした。今は、ここにはいない。

はじめまして、ハルママといいます。

私の大切な息子は自閉症でした。

 自閉症って、「治る障がいじゃないのに、どうして過去形??」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

なぜ、過去形かと言いますと、私の息子のハルは、2012年に5歳のお誕生日を目前に亡くなったからです。

 「この子、発達が遅れているのでは?」

 と思った時から、私の葛藤が始まりました。

 「発達障害の可能性があります」

 「軽度の自閉症と言えます」

 そう言われる度に、

「なんで?うちの子は障がいを持ってるの?」

 「ちゃんと産んであげられなくてごめんね」

 と、苦しみました。

 でも、ゆっくりながらも成長していくハルにたくさんのことを教えてもらいました。

 大切な戦友とも呼べる仲間にも出会うことができました。

 

ハルが亡くなって3年が経とうとしている今、私と同じように発達障害を抱えたお子さんをお持ちで、悩んだり苦しんでいる方のお役に立ちたいと思い、2015年3月にブログを立ち上げました。


そして、これまで私を支えてくださった皆さんに感謝の気持ちを伝えたいという気持ちもあります。

 

続きを読む

雨降りの日にお散歩に出かける療育園の目的とは?【自閉症児保育】

自閉症の息子の5年間の軌跡に来ていただきありがとうございます。ハルママです。

このブログの説明はこちらから→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】

 2011年8月25日(木)

園より

描画してから、雨降り散歩に行きました。

最近の絵は、色を試すように描くことが多かったのですが、今日は小さなグルグルといくつも描いていました。

雨降り散歩はレインコートを着ていきました。途中、暑くなってきたようで脱いでしまったので、傘を渡すと両手でしっかりと持って上手にさすことができていました。

 散歩は晴れの日に限らず

続きを読む