読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

遊びの幅が広がることは、発達にも繋がるって知ってますか?

ハルの笑顔はヒマワリの花 に来ていただきありがとうございます。 

このブログの中では、ハルは今、2歳11ヶ月。 

療育園に通い始めて、1ヶ月が過ぎた頃です。

ようやく通園バスに乗るときに泣かなくなりました。

  

 

 

 2010年5月17日(月)

 療育園と家庭を繋ぐ連絡ノートより

朝の集まりの後、グループで中庭に出て遊びました。

 大きな滑り台の上からボールを転がしたくて持って上がろうとするので、保育士が止めました。

しかし、保育士の目を盗んで上がろうとしたり、小さな滑り台を滑ったりしていました。

砂場で、「♪ケーキを作ろう」と歌っている賑やかな様子に惹かれて、ハルくんもやってきました。

保育士が砂で型を作った上にローソク(枝)を立てたり、

 早く型を作ってと砂を容器に入れて持ってきたり、自分で入れたりとよく遊んでいました。

 

f:id:harukunmama:20160108090910j:plain

まず、滑り台からボールを転がすのは、楽しそうですよね。

 でも、ボールを持って滑り台を登るのは、危ない。

「危ないよ、ハルちゃん」

 

 と注意して聞いてくれる子ならどんなに楽なんでしょう。

 と何回思ったことか。

 なかなか危険なことが理解できないので、家でも目を離すことができませんでした。

 しかも、先生の目を盗んでボールを持って滑り台を登ろうとするとは・・・。

 そして、砂場での遊び。

 これまでは、とにかく砂で型抜きをするだけでしたが、

 ローソクを立てましたね。

 この時は、ケーキに見立てていることが分かっているかはわかりませんが、 砂の型に何かをプラスすることで、少しだけかもしれませんが、遊びの幅が広がりました。