読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

原因不明の体調不良・・・急に泣き出したり、じっとしていたり・・・結局、原因不明

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

子どもがいると、急に熱を出したり大変ですよね。

今日は、ハルの原因不明の体調不良について・・・ 

haru-sun.hatenablog.com

 

 2010年12月16日(木)3歳6カ月

家に帰って来て、特に変わった様子はないかな?

と思いましたが、やはりいつもとは違っていました。

急に泣き出したり、じっとしていたり、テレビが付いていなくても、付けに行かなかったり・・・

手遊びはしていましたが、声はでていませんでした。

おやつと夕食はいつも通り食べました。

お昼寝をたっぷりしたにも関わらず、夜もぐっすり眠ってしまったので、やはりしんどかったのかもしれません。

 

この話は記憶にないのですが、おそらく、園には行ったけど、体調が悪くてお迎えに行ったのでしょう。

急に泣き出したり、じっとしていたり・・・ハルはいつも元気いっぱいなので、かなり様子がおかしかったのでしょう。

そして、テレビが付いていないと気に入らないハルが、テレビを付けないのはやはりいつもと違うんですよね・・・。

お迎えに行ったということは、熱が出ていたのでしょう・・・。

そして次の日は園をお休みしたようで

 

 2010年12月17日(金) 

体温:36.4℃

やはりいつもと様子が違っていました。

突然泣き出したり、抱きついて離れなかったり・・・

特に風邪などの症状は出ていません。



前日、園の先生から連絡があり、ハルの様子を教えていただいていました。

園での様子は、12月17日の様子と同じだったようです。

でも、熱が出ているわけでも、鼻水が出ているわけでもない。

本人に聞いても、答えられないし・・・。

 

 2010年12月18日(土)

午前中、小児科を受診しました。

待ち時間が30分程ありましたが、おとなしく待っていました。

喉は少し赤いくらいで、風邪をひいいてはいるけど、薬を飲む程ではないとのことでした。

朝起きるのが遅かった割にお昼寝もすぐにできたので、やはりしんどいようです。

 

f:id:harukunmama:20160108084922g:plain

↑このイラストの先生、ハルが通っていた小児科の先生に似てます(笑)

 2010年12月19日(日)

機嫌はここ最近の中では、一番良かったです。

積み木を高く積むことに集中していました。

食事は自分で摂っていましたが、量はいつもより少なかったです。

 

 2010年12月20日(月)  

園より

登園してしばらくは泣いていましたが、

クリスマスツリーのシール張りに集中しだすとケロッとしていました。

しかし、あつまり中や散歩中の何かの拍子に一点を見て泣き出したり、止まって抱っこをして欲しがったりします。

木曜日よりは元気もありますが、様子を見ていきたいと思います。

 

 

これ以降は、徐々に機嫌もよくなっていました。

軽い風邪はひいていたようですが、どうも様子がおかしい。

でも、どこがどうしんどいかを表現できないから、対処ができないのがもどかしかったです。

でも、こうやって、園と連携を取りながら、子ども達の体調の変化も見ていました。

結局、何が原因で調子が悪かったのかは、わかりませんでした。 

haru-sun.hatenablog.com