読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

人と関わることの楽しさを知った弟を兄は優しく見守る

きょうだい児

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

 ハルママです。

f:id:harukunmama:20160112085914j:plain

 

夏休み明けのプールでのお話。 

 

 2010年8月19日(木)3歳2ヶ月

園での様子

 プールでは、保育士の背中につかまって一緒に泳いだり、

 ブランコをすると笑って喜んでいました。

 小プールでも、一人貸切状態で寝っ転がってプカプカしたり、

お もちゃで遊んでいました。

  

 2010年8月20日(金)

 朝のプール遊びでは、保育士に「ぶーらんこ」と言ってゆらゆらして遊んでもらい楽しそうにしていました。

 「もう1回!」と保育士の元に来ましたが、

 他のお友達がしてもらっているのを見て、少しうらやましそうでした。

  

 2010年8月24日(火)

家での様子

 最近、おにいちゃんにもおぶさりにいくようになりました。

 「ハル、やめて~」

 と言いながらも、お兄ちゃんも嬉しいようで、笑顔です。

 

 ハルは、人より物に興味があり、親子教室に通っているときは、

  私にも抱きついたりはしませんでした。

 だから、療育園に入園した当初は、保育士さんにの背中に掴まるなど想像もできませんでいした。

 

 ですが、療育園に通い始めて3ヶ月で、こうやって保育士さんの背中に掴まりにいくようになりました。

 もちろん、家でも家族の背中に掴まる光景も見られるようになりました。

 そして、最後にお兄ちゃんの背中にも掴まりにいくようになりました。

 これまであまり関わりがなかった二人が仲良くくっつく様子を見ているのは、とても幸せでした。

 でも、しばらくすると、ハルがあまりにもしつこくて、

 「ハル!!やーめーて!!」

 と怒ってるんですけどね。

 こうやって兄弟って仲良くしたり喧嘩したりして、成長していくんだな・・・と感じました。

 私自身、ひとりっこで、兄弟姉妹が欲しいとは思ったことがなかったのですが、

 二人の様子を見ていると、うらやましくなりました。