読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

多動が気になる自閉症児と療育園でのお散歩

自閉症の息子の5年間の軌跡に来ていただきありがとうございます。ハルママです。

このブログの説明はこちらから→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】

f:id:harukunmama:20160615104608p:plain

 

 2011年8月22日(月)

今日は、お友達4人で散歩に行きました。高速下まで、あまり走ることなく、ゆっくり歩いて進みました。橋桁の下で坂を登ったり、お地蔵さんの方を恐る恐る((暗い感じだったからか?)進んで、納得すrと保育士と一緒に戻ってきました。

ハルが年少の時の同級生は5人でした。ハルは年々少で入園したのですが、ハルが入園した年くらいから待機児童が多くなってきて、年少で入園する人数が少なくなってきていました。

だから、年少の時の同級生はハルも含めて5人でした。この日は、誰かがお休みだったようで、4人でのお散歩だったみたいです。

ハルが通っていた療育園は、山がすぐそこにあって、高速道路の橋桁まで行けるような田舎にありました。だから、車の通りも少なく、散歩も基本的に先生と手を繋ぐことなく行きます。 

あまり走ることなく、ゆっくり歩いて進みました。

 

先生のコメントのこの部分は、入園した頃には考えられませんでした。

入園してすぐの遠足の様子はこちら→「頼むから、ちょっと止まって!!」疲れ知らずの息子とクタクタの母

とにかく走り続けるハルを追いかけるだけの母。お散歩なんて体力勝負で楽しくなんてありませんでした。でも、入園してから1年が過ぎて、ただ走るだけでなく、周りを少し見て歩くことができるようになっていました。

 2011年8月23日(火)

今日は園一周の散歩をしてからプールに入りました。散歩では溝に葉っぱを流したり、流れてくる葉っぱをジッと見ていました。プールでは大プールに飛び込んだり木の家でおままごとのようにして遊んでいました。また、泡の出る入浴剤の泡を塗ってもらうのに青いマットに横になって待っていました。

とにかくたくさん遊ばせてくれた療育園。お散歩の後、プールに入って、お腹がペコペコの状態で給食!いいですよね。ハルの療育園では、こんな毎日を過ごしています。

作業療法(OT)・言語聴覚療法(ST)もありません。ハルの場合は、療育園以外にOT・STも受けていませんでした。「こんな遊んでばかりの療育園だと、発達なんてしないんじゃない?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そうでもないんです。

例えば、お散歩。歩くことは、運動の基本ですよね。歩くことによって基礎体力が付きます。ハルも、お散歩のおかげでかなり体力がつきました。