自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

みなさんどんな絵本を読み聞かせしていますか【おすすめ絵本】

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

ハルママです。

おすすめ絵本を紹介します。

 今日は、『ぐりとぐら』です

 

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

 お父さんやお母さんの中にも、子どもの頃よく読んでもらったり、 言わずと知れた名作ですよね。

 読んだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  

 ぐりとぐら ってどんなお話?

主人公は、のねずみのぐりとぐら

この絵本が長年人気があるのは、ぐりぐらの可愛らしさにあるのではないでしょうか。

 決して派手な絵ではない、素朴な絵ですが、なんだか惹きつけられますよね。

  あらすじはこんな感じ

 

 森で、どんぐりやくりを拾っていると、大きな大きな卵が落ちていました。

 何を作ろうかな?

 目玉焼きならお月様くらいのができる

 卵焼きならベッドよりも厚暑くてふわふわなものができる

 二人が作りたいのは・・・カステラでした。

 でも、卵は大きすぎて2人の力では持って帰ることができません。

 2人は、大きなお鍋や材料を持って来て、その場で作ることにしました。

 2人がカステラを作り始めると、匂いを嗅ぎつけてきた森の動物たちが集まってきます。

そして、焼き上げる頃には、たくさんの動物が集まっていて、ぐりとぐらは、みんなにカステラを分けてあげました。

 

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

 

 


 そして、びっくりするくらい大きな卵の登場は、子どもだけでなく、大人までもワクワクしてきますよね。森でどんぐりやくりを拾うのって、子どもたちにとったら、とっても楽しいことですよね。

 一体何を作るのかな?

 大き卵だね!

 そんな会話も生まれてきそうですね。

  ハルの場合、言葉が出ていない時から、カステラの生地をかき混ぜている場面で「グルグル」と声に出して読んであげていました。

そうすると一緒にホットケーキを作っている時に、

「グルグル」と言いながら、ホットケーキミックスをかき混ぜていました。

 こんな些細な擬音から、言葉が生まれてくることもあるんですよね。

 

ぐりとぐら7冊セットは↓↓↓ 

ぐりとぐらの絵本 7冊セット

ぐりとぐらの絵本 7冊セット