読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子が生きた5年間の軌跡

私の大切な息子は知的障害を伴う自閉症でした。5年間という短い人生でしたが、彼はたくさんの宝を遺してくれまいた。

お絵描きは、画用紙と同じ色のクレパスで【自閉症保育】

療育園 作品集

ハルの笑顔はヒマワリの花に来ていただきありがとうございます。

 ハルママです。  

f:id:harukunmama:20160302101028j:plain

療育園でも、お絵かきの時間があります。

 ハルは、あまり絵を描くのが好きではなかったので、気が乗った時にだけ書いていたようです。

  

 2010年9月3日(金)保育内容

 今日はクレパスで描画をしました。

 白い画用紙にいーっぱい色んな色でお絵描きしました。

 みんな、それぞれ好きな絵を描いて、楽しそうでした。

 プールでは、大プールでイルカの浮き輪に乗って遊んだり、

 ブランコをしたりしていました。

こんな絵を描いていました。

f:id:harukunmama:20160228215136j:plain

その時の様子(先生が画用紙の裏にコメントを書いてくれていました。

 白いクレパスを手に取ると、グルグル描き始める。

 

 他の色も誘っても、白が気に入ったのか、箱に片付けて、

 また白を出して描き始める。

 ペンに変えてみると、並べて遊び始め、おしまいにする。

 このコメントを読んでいると、

 「ハルらしいな~」

 と笑ってしまいます。

 この時は、白が気に入ったのでしょうね。

 白地に白いクレパスで描くことって、あまりしないから、

 「なかなか斬新やな~」

 なんて思っていました。

 面白い感性を持っていたのかもしれませんね。 

haru-sun.hatenablog.com 

haru-sun.hatenablog.com